特殊な部位の脱毛はできますか?

2013年12月2日 | By Harugawa | Filed in: ハイジニーナ脱毛.

おへそ周りや乳首などの毛は、脇や腕脚などに比べで細く産毛に近い毛だと思います。顔の脱毛もそうですが、細い毛に行う場合には専用の機器を使う必要があります。脇などと同じ機器では反応しにくいので、回数も多く必要となります。料金や条件がこれだけ明確に出ているので、ご自身で探した方がすぐに見つかると思います。ご自宅から通える範囲も限られてくると思います。毛質や量などは個人差があるので、同じ機器を使用しても満足度は人により異なります。

永久脱毛するならニードルが最適です。昨今、ニードル脱毛が少なくなり、すっかり見かけなくなりました。ニードル脱毛というものは、針をムダ毛の生えてくる毛穴に刺しそこに電気を通し、行う脱毛法でおそらくいろいろな脱毛方法の中で一番と断言していいほど痛みを感じるものです。このニードル脱毛の値段の方ですが、サロンによっては多少ばらつきがあるものの比較的高額な料金設定になるようです。

医療機関の雰囲気や医師との相性もです。現在通っている医療機関の効果に満足しているのならそこで行うのが一番良いと思います。安くできたとしても、効果が伴わなくては後悔すると思います。急いで探されてるようですが、あせらず信頼して任せられるところで脱毛してもらうのが一番です。実際に足を運び、体験をして比較するのが良いと思います。

よく、医療脱毛は痛いといった話をききますが、本当にそうなのでしょうか?実際の所、脱用サロンよりは痛みがあります。脱毛の効果がより高いので、脱毛サロンでおなじみの光脱毛よりは痛みが大きくなるのが自然と考えてください。脱毛サロンならば、ほとんど痛みを感じずにできますが、クリニック等の医療脱毛では輪ゴムで弾かれた時のような痛みを伴います。

一方で、エステの場合、痛みは感じるのでしょうか?現在のエステサロンの脱毛器は、少し前のものとは比べものにならないほど高性能で、痛みへの対策も十分です。脱毛方法によって異なりますが、光を照射するタイプの脱毛器なら、ほとんどダメージは感じないと思って問題ないでしょう。

医療脱毛でもエステ脱毛でも、ムダ毛処理後は保湿にも気をつかいたいものです。剃ったり抜いたりした後の肌は、刺激を避けられず、荒れがちになってしまいます。普通の化粧品では刺激が強い場合もあるので、脱毛後に使うような肌に優しい敏感肌用化粧品を準備しておけばよいと考えられます。

また、脱毛するのに際して気になってしまうのが、脱毛のための費用です。医療脱毛は費用が高いという評価がありますが、エステ脱毛を受けることと比較すると高くつきます。常識的に考えて医療脱毛だとエステ脱毛に比べて2倍〜3倍くらいかかるでしょう。ただ、医療脱毛は価格が高い分、安全性が高く脱毛効果も満足できやすいという点が長所と言えます。


Comments are closed here.